各地でメーデー 市民・野党の共闘進めよう

IMG_4509 労働者が権利、平和を守るために国際的に行動するメーデーの1日、県内各地でも集会、パレードが行われました。

盛岡市では、県中央集会が開催され、雨のなか、1000人が参加しました。「戦争法廃止」の戦車のデコレーションなどが目を引きました。

金野耕治実行委員長が11日の国会要請行動(全国災対連と被災3県)で被災者本位の復興を訴えていくと報告。参院選野党統一候補の擁立が20県で進んでおり、岩手でも実現させたいと強調。野党共闘を支え、2000万署名をさらに広げようと呼びかけました。

達増拓也知事(メッセージ代読)、いわて市民ネットの吉田光晴共同代表、日本共産党の斉藤信県議団長が来賓あいさつ。斉藤氏は「野党協議を続け、統一候補実現へ全力をあげる」と述べました。

盛岡市も含め11市で集会が行われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です