2019年原水爆禁止国民平和大行進(北海道―東京コース=太平洋側)は14日、岩手県奥州市に入り、40人が歩きました。

到着集会には市内在住で小学5年生の高橋舞さんが駆けつけ、全国通し行進者の丸宗市さん(69)へ千羽鶴を手渡しました。

この千羽鶴は、舞さんと姉の咲さん(高校1年生)が1年間かけて制作。咲さんが小学4年生の時、授業で戦争を扱った物語『ちいちゃんのかげおくり』を勉強し、戦争について考えたことがきっかけだったといいます。

全国通し行進者へ届けるのは今年で6年目になりました。