安倍元首相の「国葬」中止を、共同センターが緊急宣伝

「安倍元首相の『国葬』に異議あり」―。憲法改悪反対岩手県共同センターは5日昼、盛岡市の盛岡地裁前で「国葬」中止の緊急宣伝に取り組みました。「私は自分の心を動員されたくない」などと書かれたプラカードやうちわ、横断幕を持って、スタンディングでアピールしました。

金野耕治事務局長は戦前の「国葬令」は戦後廃止され、そもそも「国葬」には法的根拠がないと指摘。世論調査で安倍氏の評価が大きく分かれ、「国葬」反対が多数を占めているなか、強行すればメディアも使った安倍氏の礼賛につながりかねないと警告しました。

各界の代表もリレートーク。「アベノミクスで格差と貧困が拡大し、国民が苦しんでいる。『国葬』なんてとんでもない」(新婦人県本部)、「自民党は、銃撃事件の背景にある旧統一協会=勝共連合との癒着を明らかにすべきだ」(県革新懇)などと訴えました。

ビラを受け取った71歳の女性は「安倍さんは自らの疑惑に全く答えなかった。『国葬』は絶対にダメだ。統一協会との関係も問題です」と語気を強めました。61歳の男性=建設業者=は「『国葬』には法的根拠がなく、憲法違反だ。やめるのは当然だと思う」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。