安倍政権打倒へ「2000万署名」訴え

15年11月3団体が戦争法宣伝 憲法改悪反対岩手県共同センター、いわて労連、ピースアクションいわては26日昼、盛岡市で戦争法廃止と安倍政権打倒を求める宣伝をしました。いわて労連の金野耕治議長らがマイクで「2000万署名」への協力を呼びかけました。

小雨が降るなか、30分で27人が署名。22歳の女性は「安倍首相に政権は任せられない。70年前の戦争の悲劇を繰り返してはダメだ」と話し、73歳の女性は「自分にも息子や孫がいる。戦場へは遅らせない」と力を込めました。

60歳の男性は「戦争をしたがるいまの流れは、おかしい。安倍政権を倒すには野党共闘しかない」と指摘。69歳の女性は「自民党や公明党の議員を落とすために、野党の選挙協力が大事だ。共産党が大英断で国民連合政府の『提案』をしたのは、すばらしい」と評価しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です