盛岡市で23日、森友公文書改ざんの真相究明と安倍内閣の総辞職を求める2回目の市民デモがありました。みんなで選挙♪市民勝手連いわて(ミナセンいわて)が呼びかけ、80人が参加しました。

ミナセンいわての高橋奈々子共同代表を先頭に、参加者らは「真相話して責任とって」「ウソはやめて」など力強く昭和。「安倍さんもう辞めて/そだね~」「ABE OUT」のプラカードを持って繁華街を行進し、注目を集めました。

バスを待っていた中学生3人が参加者に誘われて少しだけ歩き、ぬけるときに「がんばってください」と声援。スーツ姿の若者2人は「安倍は辞めろ」と拳を突き上げました。

デモに駆けつけた65歳の女性は「政府の公文書改ざんに多くの国民は怒っている。(安倍首相が)昭恵夫人に『非がない』というのなら、本人が国会に出て話してほしい」と批判しました。

40代の男性教員は「デモを知り、仕事帰りに気軽に来てみた。27日の証人喚問で佐川(宣寿)氏が何をしゃべるのか、期待したい」と語りました。