安倍9条改憲発議阻止を 「ひな祭りパレード」

 岩手県内の女性5団体で構成する「ピースアクションいわて」は3日昼、盛岡市で9条改憲発議阻止や安倍政権の早期退陣を求め、怒りの「ひな祭りパレード」を行いました。雨の中、約40人が参加しました。

マイクを握った新婦人県本部の渋谷靖子会長は「ひな祭りなのに優しく祝えない。安倍政治が私たちの願いを聞き入れないせいだ」と強調。新型コロナウイルスの感染拡大防止で一律休校にした影響が県内でも広がっており、「安倍首相は『私の責任で』と言うだけでなく、(専門家の意見も聞いて)感染症対策に本気で取り組むべきだ」と訴えました。

参加者らは「戦争大好き首相はいらない」「ウソをやめろ、ごまかしやめろ」「私の一票、力です」などとコールしながら、繁華街を歩きました。

参加した30代の女性は「トイレットペーパーが手に入らなくて困っている。新型コロナが早く収束してほしい」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です