安倍9条改憲NO! 岩手の会が定例デモ行進

 「安倍9条改憲NO!全国市民アクション岩手の会」は19日昼、盛岡市で9条改憲を阻止し、安倍政権の早期退陣を求める定例のデモ行進に取り組みました。100人が参加し、「野党は共闘、市民も協力」と力強くコールしました。

出発前に、憲法改悪反対県共同センターの金野耕治事務局長らがあいさつしました。

金野氏は、日本共産党、社民党、自由党が参院岩手選挙区の野党統一候補として横沢高徳氏を擁立する確認書に調印し、横沢氏と10項目の「共通政策」にも調印したと紹介。「野党統一候補は安倍暴走政治を打ち破る『希望の星』だ。みんなで応援しよう」と呼びかけました。

参加者らは「辺野古の埋め立て許さない」「軍事費削って福祉に回せ」「ウソつき、改ざん、隠ぺいやめて」などと声を響かせ、繁華街を行進しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です