「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション岩手の会」は20日夕、盛岡市で9条改憲阻止や安倍政権退陣を求めるデモ行進に取り組み、100人が参加しました。

出発前に憲法改悪反対県共同センターの金野耕治事務局長は「沖縄の故・翁長雄志知事は命をかけて米軍新基地を造らせなかった。私たちも遺志を受け継ぎ、知事選をはじめとした選挙で『オール沖縄』が勝利するように、奮闘しよう」と訴えました。

日本共産党の斉藤信県議、社民党の小西和子県議が紹介され、それぞれ決意を表明しました。

参加者らは「安倍内閣は総辞職せよ」「辺野古新基地建設反対」「みんなの政治を私物化するな」などとコールしながら、繁華街を行進。通行人の男性が「がんばって」と激励するなど、沿道の注目を集めました。