岩手県各界連が増税中止求めいっせい宣伝

消費税廃止岩手県各界連は24日、消費税10%増税の中止を求める県内いっせい宣伝を行い、署名への協力を呼びかけました。

一関市では「生活を根底から破壊する消費税10%増税は、絶対に許せない」と訴えました。30分間で35人が署名し、高齢の女性は「いまの政治を何とかしないとダメね」と語気を強めました。

宮古市でも30分間で男子高校生など39人がサイン。年配の女性は「いまも少ない年金がさらに削られるのは大問題だ」と話しました。

盛岡市では30分間で21人が署名。「郵便はがきも62円に値上がりする。何でも高くなり、生活が大変だ」などの声が寄せられました。

北上市でも宣伝に取り組みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です