参院岩手選挙区の野党統一候補・横沢たかのり氏の必勝に向けて、「いわて市民ネット」は6月29日昼、盛岡市で“Gentle Walk with 横沢たかのり”と銘打って、アピールウオークを行いました。車いすの横沢氏を先頭に約100人が商店街を歩きました。

そろいのTシャツを着た参加者らは、「こんにちは」と笑顔で手を振りながら支持を呼びかけ、通行人の注目を集めました。

ウオーク後のミニ街頭演説で横沢氏は、「年金2000万円」問題や消費税10%増税に不安が広がっていると強調。「どんな境遇の人でも希望が持てる社会の実現をめざして、県民の声を国会へ届ける。市民と野党の共闘の力で何としても勝ち抜きたい」と気迫を込めました。

日本共産党の斉藤信県副委員長、国民民主党の高橋元(はじめ)県連代表代行、社民党の小西和子県連合代表が決意表明しました。

斉藤氏は「野党共闘の源流の岩手から、横沢候補の勝利へ最後まで頑張る」と訴えました。

Follow me!