戦争法廃止へ 集いとパレード  一関

一関市の中心部と千厩町で19日、戦争法廃止を求める集いとパレードが行われ、45人が参加しました。

中心部の集会では各界の代表らがリレートーク。「民間人まで監視される『共謀罪』法案は審議するべきではない」「ヒバクシャ国際署名の成功で日本の真意を伝えよう」「改憲を狙う安倍政権の野望を絶対に阻止する」と訴えました。

パレードで参加者らは「南スーダンから自衛隊は撤退を」「オスプレイの飛行反対」などと元気にコール。女子高校生や専門学校生らが手を振って応えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です