戦争法廃止デモ 稲田防衛相は辞任せよ!

 「戦争させない・9条壊すな!岩手の会」は20日昼、盛岡市で戦争法廃止や自衛隊の南スーダンからの即時撤退を求めるデモ行進をしました。雪が激しく降るなか、100人が参加しました。

南スーダンPKOへ派遣した自衛隊の「日報」を稲田朋美防衛相が隠ぺいした事実が明らかになったもと、主催者からは「自衛隊撤退に向け、盛岡からさらに声を上げよう」との訴えがありました。

参加者らは「共謀罪はいらない」「軍事費の拡大反対」などと元気にコールしながら、行進。「稲田はやめろ!」と書いた短冊を傘につるした男性もいました。初めて参加した43歳の女性は「私にも小学3年生の息子がいる。平和を次の世代につなげるために、憲法9条は絶対変えさせない」と話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です