安倍9条改憲NO!全国市民アクション岩手の会は19日昼、盛岡市で安倍9条改憲に反対するデモ行進をしました。冷え込みが続くなか、約100人が参加しました。

出発前にマイクを握った憲法改悪反対岩手県共同センターの金野耕治事務局長は「自民党はまず憲法9条に自衛隊を明記し、その後で9条2項を削除する『2段階改憲』を狙っている」と批判。県内での3000万署名の取り組みのピッチを上げて、国会発議を必ず阻止しようと呼びかけました。

参加者らは「戦争する国、なるのは嫌だ」「選挙で変えよう、未来を変えよう」などと力強く唱和し、道路の凍結に気をつけながら行進。通行人の注目を集めました。