母親連絡会が「赤紙」配布で、戦争法廃止訴え

15年12月赤紙配布岩手県母親大会連絡会は、盛岡市で戦争法廃止を求める宣伝をしました。戦前の「赤紙」(召集令状)の写しを配布し、「国民の戦争法廃止の願いを広げ、野党の協力関係を築かせよう。安倍政権にノーを突きつけ、政治を変えよう」と署名を呼びかけました。

45分間で75人が署名。51歳の女性は「戦争は人生をダメにする。平和で幸せな暮らしがしたい」と話し、つえをついた71歳の女性は「日本が戦争に加担したらテロリストに原発を狙われる。安倍首相は早く辞めて」と憤りました。

60歳の女性は「自民党(政権)を倒すために、野党はしっかりしてほしい。分裂している場合じゃない」と注文をつけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です