消費税廃止岩手県各界連は12月25日昼、盛岡市大通で消費税10%増税の中止を求める宣伝をしました。サンタクロースやクリスマスツリーの仮装をした参加者らが、シール投票や署名への協力を呼びかけました。
マイクを握った、いわて労連の金野耕治議長は、与党が消費税10%への引き上げを大前提に来年度の税制改正大綱を決めたのは許せないと批判。いまこそ、憲法の理念に沿った税金の集め方や使い方を考えるべきだと主張しました。
シール投票では10%増税に「反対」が74人、「賛成」が12人でした。署名をした61歳の女性は「安倍首相は森友・加計疑惑に対する説明を国民にしていない。そんな政権が消費税を10%に上げるなんてダメだ」と怒っていました。