消費税10%中止意見書 田野畑村議会でも

津波で被災した田野畑村議会は25日、消費税10%増税の中止を求める意見書を、日本共産党の中村勝明議員を含む全会一致で可決しました。

意見書は、「被災地は復興の途上であり、いまだに多くの被災者は不自由な暮らしを余儀なくされている」と指摘。このもとで、さらに消費税増税を強行すれば、「いっそう深刻な消費不況を招き、住民生活や地域経済に計り知れない影響を与えることは必至」だと警告しています。

これで県内の33市町村議会のうち16市町村議会が、10%増税反対・慎重対応の意見書を可決しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です