消費税10%増税 「なんとか止めて」 県各界連が宣伝・署名

 消費税廃止岩手県各界連は24日昼、盛岡市で、目前に迫った消費税10%増税の中止を求める宣伝を行いました。岩商連の関沢淨会長、いわて労連の金野耕治議長がマイクを握り、「10%ストップ!ネット」の署名を呼びかけました。

両氏は、参院選後のどの世論調査を見ても10%増税反対が多数を占めていると強調。「最後まで増税中止の一点で運動を広げる」と決意を述べました。

署名した78歳の女性は「食料品は値上がりし、年金は減っている。増税で、どこを節約すればいいのか。医療費は高いので病気にならないようにする」と話しました。

40代の男性は「もうすぐ10%が始まっちゃう」と不安げな表情でしたが、参加者から「黙っていて、10%以上の税率になったら大変だよ」と聞き、ペンを執りました。

居酒屋を営む70代の男性も「何とか止めてくれ」とサイン。店で出す焼き鳥を少し値上げするかもしれないと語っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です