盛岡緊急デモ 「改ざん内閣」総辞職を

 盛岡市で16日夜、森友公文書改ざんに抗議し、安倍内閣総辞職を求める緊急デモ行進が取り組まれました。みんなで選挙♪市民勝手連いわて(ミナセンいわて)が呼びかけ、子連れの母親など60人が参加しました。

ミナセンいわての高橋奈々子共同代表を先頭に、参加者らは「トモダチ優遇政治はやめろ」「『改ざん内閣』総辞職」「昭恵夫人は真実しゃべれ」などとコール。デモを見つめる通行人もいました。

参加した50代の男性教員は「内閣支持率が急落したようだが、もっと声をあげて、安倍首相にとどめを刺したい」と語気を強めました。39歳の女性は「公文書改ざんはよくない。自殺に追い込まれた財務省職位が気の毒だ」と話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です