県庁前で座り込み行動

DSC_0116 憲法改悪反対岩手県共同センター、いわて労連、ピースアクションいわては17日昼、岩手県庁前で戦争法案廃案を求める4回目の座り込み行動に取り組みました。

マイクを握った、いわて労連の金野耕治議長らは「強行採決を許さないために、声を上げ続けよう」と訴えました。

フェイスブックを見て初めて参加したという29歳の男性=八幡平市=は「岩手でも反対運動があったら、行こうと思っていた。発達障害の子どもをサポートする仕事に携わっている。平和な未来を手渡したい」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です