県母親連絡会が「赤紙」配布

 岩手県母親大会連絡会は終戦の日の15日、県内11カ所で、戦時中の召集令状「赤紙」の写しのチラシを配布し、「愛するものを2度と戦場へ送らない」と平和を訴える宣伝をしました。
盛岡市大通では16人が参加し、かっぽう着姿で、「改憲発議に反対する全国緊急署名」を訴えました。
参加者は「どのように戦争に突き進んでいったのかを振り返り、亡くなった方々の思いを引き継いでいかなければならない」「コロナ禍のもとで、予算は軍事費ではなく、病院など医療体制の強化に回すべき」などと訴えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です