岩手県革新懇と盛岡革新懇は1月3日、盛岡市で毎月定例の「アベ政治を許さないリレートークスタンディング」を行いました。参加者らが交代でマイクを持ち、9条改憲阻止の3000万人署名への協力を呼びかけました。

日本共産党の斉藤信県議は「今年は参院選や知事選、地方議員選挙が続く。市民と野党の共闘を進め、安倍政権を必ず退陣に追い込もう」と訴えました。

寒風がふくなか、40分で23人が署名。男子高校生は「(9条改憲は)若者の問題だと思う」と話し、82歳の女性は、「また戦争で混乱する世の中には絶対させられない」と語気を強めました。

参加者らはプラカードを掲げて、「辺野古の美ら海守れ」「消費税増税ストップ」などと元気よくコールしました。