第88回メーデー モラル崩壊政権倒せ

 1日、メーデー岩手県中央集会が盛岡市で開催され、1000人が参加しました。
金野耕治実行委員長は、閣僚らの暴言が相次ぎ、「森友学園」疑惑を隠す安倍政権は、モラル崩壊状態だと指摘。労働組合・民主団体・市民と立憲野党の共闘で「安倍政権を打倒し、憲法を生かした政治を取り戻そう」と呼びかけました。
 達増拓也知事(メッセージ代読)、自由党の木戸口英司参院議員(野党統一)、日本共産党の高橋千鶴子衆院議員が来賓あいさつをしました。
初めて招かれた木戸口氏は「今村前復興相の心ない言葉は許せない。岩手と東北から声を上げ、一人ひとりを大切にする政治をめざそう」と強調しました。
高橋氏は、吉野復興相は福島出身だが原発推進の立場は変わらないと指摘。「共謀罪」法案を廃案に追い込み、「安倍政権に痛打を与えよう」と訴えました。
参加者は市内をデモ行進しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です