自衛隊は南スーダン撤退を 「岩手の会」がデモ行進

 「戦争させない・9条壊すな!岩手の会」は19日昼、盛岡市で戦争法廃止や自衛隊の南スーダンからの撤退を迫るデモ行進に取り組み、150人が参加しました。

出発前に主催者から「県議会があすの本会議で『自衛隊に新任務を付与した閣議決定の撤回を求める請願』を採択するように、野党と市民の共闘をさらに強めよう」との訴えがありました。

参加者らは繁華街を進み、「オスプレイも基地もいらない」「9条生かして平和を守ろう」などとコール。43歳の女性=団体職員=は「紛争は暴力でなく話し合いで解決してほしい。私も中3と小5の子を育てる母親だ。自衛隊が南スーダンの少年兵を撃ってはダメ」と語りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です