”被災者の声をきけ” 国会総行動

DSCF0277

DSCF0256

「生活再建支援金を500万円に増額せよ」「原発事故賠償金を打ち切るな」。東日本大震災から3年11カ月となった13日、東北の被災3県と豪雨災害の復興をめざす広島の代表らが衆院議員会館前で、切実な声をあげました。「被災者の声を聴け!国会総行動」(主催・実行委員会)です。「小〇(困る)いわて復興一揆」ののぼりや「被災者・被災地を復興の主人公に」と書いた横断幕を持った400人が参加しました。

岩手の代表、前川彗一さんも「仮設住宅では2万3000人もが厳しい冬をしのいでいる。仮設でなく自宅で手足を伸ばして寝たいのが希望です。その希望を実現させるため、みなさん一緒に頑張りましょう」と訴えました。

災害被害者支援と災害対策改善を求める全国連絡会の小田川義和代表世話人(全労連議長)があいさつ。日本共産党の高橋ちづ子、堀内照文、大平喜信の各衆院議員があいさつし、寄せられた生活再建支援法の改善を求める署名を受け取ると、参加者から「頼んだよ」の声も飛びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です