軍事費よりコロナ対策 アクション岩手の会がサイレントデモ

 「安倍9条改憲NO!全国市民アクション岩手の会」は19日夕、盛岡市で改憲発議反対などを訴える毎月のデモ行進に取り組みました。新型コロナウイルスに配慮した「サイレントデモ」とし、雨のなか、100人が参加した。

出発前の集会で県生協連の吉田敏恵専務理事は、新型コロナで国民の生活が大変な時に安倍政権が通常国会を閉じたのは無責任だと批判。首相自身の「桜を見る会」疑惑を徹底的に追及しようと呼びかけました。

憲法改悪反対共同センターの金野耕治事務局長は、検察庁法改定案を市民のツイッターと野党の論戦で廃案まで追い込んだのは大きいと指摘。コロナ対策でも世論と国会での野党共闘が一律10万円支給を実現させたと強調しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です