野党統一候補実現を 戦争法廃止へ集会

DSC_0008盛岡市で23日、「2000万人署名達成で戦争法はゼッタイ廃止!岩手県民集会」(同実行委員会主催)が開かれ、500人が参加しました。

主催者あいさつで、佐々木良博弁護士は、参院選での野党統一候補の擁立が全国で進んでおり、岩手でも早急に実現し、国会へ送り出したいと強調。県内で署名は目標20万人の6割の12万人分が集まりました。さらに何としても達成をと呼びかけました。

日本共産党、生活の党、社民党の各代表が連帯のあいさつをしました。民進党は欠席しましたが、メッセージが寄せられました。達増拓也知事、生活の党の主濱了参院議員から連帯メッセージが紹介されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です