達増知事と党県委が懇談

2達増知事訪問 日本共産党岩手県委員会は8日、県庁で達増拓也知事と和やかに懇談し、県知事選勝利にむけて達増知事から寄せられたメッセージに感謝の言葉を述べました。菅原則勝委員長と、斉藤信県議団長、高田一郎、千田美津子の各県議が参加しました。

菅原氏らは、達増知事のメッセージを載せた党のビラが大きな反響を呼び、県議選で初の3議席を獲得する力になったと紹介。復興はこれからが正念場であり、「復興与党」として引き続き奮闘すると語りました。

知事選で戦争法案が争点に浮上し、共産党から自主的支援をうけた達増知事は「おかげさまで無投票になりました」と話しました。

斉藤氏は、戦争法案の審議がヤマ場を迎えており、廃案に追い込むために先頭にたってたたかうと表明。達増知事は、街頭演説のときに「平和を守って」と駆け寄ってくる人がいたと明かし、「今国会での強行はダメだ。廃案にすべきです」と主張しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です