「困った時は共産党」比例東北・ふなやま氏が紫波町の「集い」で語る

 紫波町では4日、衆院東北ブロック予定候補のふなやま由美さんを迎えて「集い」が行われ33人が参加しました。ふなやまさんは、東北各地を回り、「天童市で派遣切りにあい、鶴岡駅で寝泊まりをしていた時、友人に相談したら『困ったときは共産党だよ』と言われて市議会議員につなげた」ことなどを紹介。コロナ問題での党の役割を語り、「安倍政治をこのまま続けさせてはいけない。私をぜひ国会へ」と訴えました。
参加者からは「財源はどうするの?」「町に入院できる病院がない」などの質問が出され、ふなやまさんが丁寧に答えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です