国会解散東北一巡 高橋前衆院議員〝野党連合政権つくろう“

 日本共産党の高橋ちづ子前衆院議員・比例予定候補は、15日午後、盛岡市に駆けつけ、JR盛岡駅前で吉田恭子衆院岩手1区予定候補と街頭演説を行いました。

高橋氏は、国会の衆参の代表質問で、金融所得課税や核兵器禁止条約、選択的夫婦別姓など、党の「4つのチェンジ」の中心点が議論されたと指摘。野党の共闘が論戦の上でも発展し、岸田首相の答弁は、総理の顔を替えるだけでは何も変わらないことを浮き彫りにしたと述べ、「政治を変えるには政権交代しかない」と決意を表明しました。

吉田氏は、この間、仕事が減って大変、という労働者や米価暴落に悲鳴をあげる農家の声などを紹介しながら、党躍進と野党連合政権への決意を述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です