臨時国会冒頭に衆院が解散された28日、吉田恭子衆院東北ブロック比例予定候補(岩手1区重複)は、紫波町で、激しい雨のなか、及川ひとみ町議らとともに街頭演説をしました。

吉田氏は、臨時国会での冒頭解散は安倍首相の「森友・加計」疑惑を隠すものであり、許せないと批判。「総選挙では、安倍政権の暴走に厳しい審判を下そう。市民と野党の共闘を広げるためにも、東北から共産党を躍進させてほしい」と呼びかけました。

吉田氏の演説を聞きに家から出てきて「がんばってね」と激励した高齢の女性や、宣伝場所に車で駆けつけた女性もいました。

 党岩手県委員会も盛岡市で緊急街頭演説をしました。菅原則勝委員長、斉藤信県議団長は、新党「希望の党」は安保法制を容認し、憲法改定を宣言するなど自民党政治に代わる旗印を持っていないと指摘。「この新党に日本の未来は託せない。共産党の躍進こそ市民と野党の共闘を発展させる力になる」と主張しました。