日本共産党の、穀田恵二国対委員長(近畿比例候補)は17日朝に盛岡市で、ふなやま由美東北比例候補と街頭演説し、「東北初の比例2議席獲得をなんとしても」と力を込めて訴えました。

こくた氏は、安倍政権を倒す力は市民と野党共闘の勝利であり、岩手県知事選で5野党党首が集まった岩手は「共闘発祥の地だ」と指摘。総選挙直前に分断と逆流が持ち込まれたもとでも、日本共産党は共闘の努力を揺るがずに貫き、岩手3区の小沢一郎候補=無所属=を含む全国249の小選挙区で、候補者の一本化を実現させたと述べました。

奥州市での街頭演説

こくた氏は「この共産党を大きく伸ばし、共闘をさらに発展させよう。比例は一票を争う大激戦。『比例は共産党』の訴えを広げ、岩手から新しい政治の流れをつくろう」と呼びかけました。

ふなやま氏は「共産党は国民の立場でぶれない政党です。改憲を許さず、子どもたちに戦争のない日本を手渡そう」と訴えました。

花巻市での街頭演説では、小沢一郎花巻市後援会会長の高橋浩市議にもマイクを握っていただきました

穀田、ふなやま両氏は、一関、奥州、北上、花巻の各市で演説しました。

花巻市での演説動画こくたさんのYouTubeチャンネルより

https://youtu.be/IRveuoM67S4