日本共産党岩手県委員会、同盛岡地区委員会、民青同盟岩手県委員会は7日昼、盛岡市の成人式会場前で宣伝をしました。寒風が吹くなか、政治や社会への要望を聞くシールアンケートや、9条改憲ノー3000万署名への協力を訴えました。

1時間で41人がアンケートに足を止めました。「憲法9条を変えず、平和な日本を」の欄にシールを張った男子学生は「国民が望んでないのに、安倍首相が9条を変えようとするのは問題だ」と話し、署名もしました。

「学費を下げ、返さなくていい奨学金の創設を」に張った別の男子学生は「自分も周りの人たちも奨学金を借りている。世界で学費無償化が進んでいるのは、知らなかった」と驚きました。

参加者らは、長時間労働の是正などを求める請願(いわて青年ユニオンと民青県委員会が提出)が、昨年12月の岩手県議会で採択されたと紹介。「それはすごいですね」と共感を示す新成人もいました。