釜石で野党が合同演説 「被災者支援 全力で」

SONY DSC

 参院岩手選挙区の野党統一予定候補、きどぐち英司氏の必勝にむけた野党の合同街頭演説が14日、釜石市で行われました。

元知事政務秘書として復興に携わった、きどぐち氏は「釜石のみなさんが大変な思いで震災から立ち上がったのは、よく知っています」と語り、被災者支援に全力をあげると表明。アベノミクスは格差を拡大し、地方振興の障害になるものだと批判し、「若い世代の社会保障への不安をなくし、雇用を守っていく」と主張しました。

日本共産党の高橋千鶴子衆院議員が、安倍首相は「共産党は自衛隊を解散させる」と的外れな攻撃をしているが、災害救助での自衛隊の奮闘は釜石市民が一番わかっていると強調。自衛隊を戦場へ送らせるなと訴える、きどぐち候補の当選と共産党の躍進で、安倍政権を退陣に追い込もうと呼びかけました。

社民党の後藤文雄釜石市議は「国民を愚ろうする安倍政権にノーの声をつきつけよう」とのべました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です