29日、高橋ちづ子前衆院議員が盛岡入りし、解散後の緊急街頭演説を行いました。冒頭解散を「森友・加計疑惑隠し」を狙った党略的暴挙と厳しく批判。安倍暴走政治と正面からたたかってきた日本共産党の値打ちを語りました。また、「希望の党」が自民の補完勢力であり、民進党の合流について「重大な背信行為」だと批判。地域でつちかってきた市民と野党の共闘を大事にしながら日本共産党の躍進をと訴えました。

吉田恭子党国会議員団岩手県事務所長(比例東北・岩手1区予定候補)は、5つの政策の柱で党の躍進を訴えました。