高橋衆院議員迎え花巻で街頭演説 生活守る「提案」紹介

 参院選の勝利と、続く花巻市議選(7月17日告示)での現有3議席確保をと、日本共産党の高橋千鶴子衆院議員を迎えた街頭演説が6月5日、花巻市内で行われました。

高橋氏は、ウクライナ侵略に乗じて岸田政権が9条改憲や敵基地攻撃能力の保有、年間11兆円以上の大軍拡を狙っていると批判。「9条を持つ日本を世界第3位の軍事大国にさせてはならない」と強調しました。

高橋氏は、消費税5%減税や最低賃金の全国一律1500円への引き上げ、年金削減ストップなど物価高騰から生活を守る党の「5つの提案」を詳しく紹介。参院比例の5議席獲得と市議選での必勝を呼びかけました。

久保田彰孝、照井明子、桜井肇の各市議も決意表明。高校生までの医療費助成の所得制限撤廃、水田活用交付金カットの中止を求めていくと訴えました。

演説を聞いた73歳の女性は「軍事費を5兆円も増やすのは許せない。私は4カ所に通院している。(10月実施の)75歳以上の医療費2倍化は困る」と顔を曇らせました。80代の男性は「物価高で本当に大変だ。お金をため込んでいる大企業や富裕層から税金をもっと取って、消費税を減税してほしい」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。