遠野市議選告示 「なくてはならない共産党の議席必ず」佐々木氏が第一声

 遠野市議選(定数18、立候補22人)が21日告示(28日投票)され、日本共産党の佐々木りょう平氏(73)=新=が党議席の空白克服へ第一声をあげました。

佐々木氏は、▽国保税の1世帯1万円の引き下げ、▽特養ホーム増床、▽中学生の医療費窓口負担ゼロ、高校生までの医療費無料化、▽住宅リフォーム助成の再開ーの4つの公約の実現をめざすと訴え、9条改憲目指す安倍政権を批判し、「平和とくらしを守る願いを私に託し、市議会に押し上げて」と訴えました。

斉藤信県議団長が激励にかけつけ、支持を訴えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です