沖縄県知事選で盟友の玉城デニー氏の応援に駆けつけた、木戸口英司参院議員(自由党=野党統一)を迎えた勝利報告集会が22日夜、盛岡市で開かれました。岩手県内の国民民主党、自由党、社民党、日本共産党が主催し、会場満席の100人が参加しました。

「本当に全国的に注目され、仲間同士で喜べる選挙だった」と切り出した木戸口氏は、現地で訪問活動に全力をあげたと紹介。「うまんちゅ大集会」(9月22日)での翁長雄志知事の妻・樹子さんのあいさつが参加者の心を揺さぶって局面を大きく変え、草の根のたたかいが勝利を切り開いたと語りました。

木戸口氏はまた、デニー氏圧勝で沖縄の民意が示されたのに、安倍政権は新基地建設に固執していると批判。「政権を代えるしかない。沖縄の思いを岩手につなぎ、参院選勝利を」と呼びかけ、大きな拍手を受けました。

岩手から知事選支援に参加した4人からも「デニー氏に期待する県民の熱い思いを実感した」との報告がありました。

集会では共産党の斉藤信県副委員長が司会を務め、社民党の小西和子県連合代表が開会あいさつを、国民民主党の髙橋元(はじめ)県連副代表が閉会あいさつを行いました。