総選挙で政権交代を 立憲民主党県連大会で日本共産党があいさつ

 立憲民主党岩手県総支部連合会の結成大会が11日、盛岡市で開催されました。

来賓祝辞で日本共産党岩手県委員会の菅原則勝委員長は「来たる総選挙で必ず政権交代を実現し、野党連合政権をともに担う決意で参加させていただいた」と語りました。日本学術会議の人事に介入し、被災者にも「自助」を押し付ける菅政権は、安倍前政権以上にファッショ的な姿を見せたと指摘。菅政権を倒すために「野党共闘の源流の一つと言われる岩手から、政権交代実現へともに奮闘したい」と表明しました。

達増拓也知事、社民党県連合の小西和子代表も来賓あいさつ。党本部の枝野幸男代表のメッセージが紹介されました。

新代表に選出された小沢一郎衆院議員があいさつし、来賓らに謝辞を述べ、「共産党のみなさんには政権をめざす心強い『友軍』として、ご支援とご協力をお願いしている」と話しました。国民の期待に応える政治の実現が新たな野党第一党に課せられた使命だと強調し、「総選挙で何としても政権交代を」と訴えました。

大会は、野党勢力を総結集し、次の総選挙で「政権交代を成し遂げるべく心新たに行動することを誓う」との決議を採択しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です