高橋ちづ子衆院議員 4市町首長らと震災復興などで懇談

釜石・野田市長と懇談

日本共産党の高橋ちづ子衆院議員は4日、東日本大震災・津波で被災した釜石市と住田町、陸前高田市、大船渡市を訪れ、首長らと懇談しました。関係自治体の党議員も参加しました。

高橋議員らは、釜石市で野田武則市長と懇談。震災復興とコロナ対策の要望書を受け取りました。野田市長は、内閣府が今年発表した日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震津波の浸水想定について、これまでの議論が覆ったことへの懸念を語り、「避難場所など防災計画の大幅な見直しが必要になり、いま一番の課題です」と述べました。

高橋議員は「災害対策基本法の改正が来年ある見込みです。国による考え方の整理や財政支援を強く求めます」と応じました。

住田町で懇談住田町では菊池宏教育長、滝本正徳議長らが、医師不足や県道・河川整備への支援を要望。少子化が進む中で学校を統合しないで維持する取り組みについて意見交換しました。

陸前高田市では戸羽太市長が、福島第1原発の汚染水の海洋放出問題について、「福島だけの問題ではない。風評被害解消がやっと進んできたところに汚染水を流されたら漁業は続けられない」と批判しました。

陸前高田市・戸羽市長と懇談

大船渡市長と懇談

大船渡市の戸田公明市長は、東京都の最低賃金格差を示しながら「中長期的に

は全国一律にしてほしい」と要望。高橋議員は「格差解消の声は、党派を超えて広がってきています」と、是正への働きかけを約束しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です