野田中学校仮設団地で「ふれあいのんびりカフェと無料青空市」

DSC_0376 日本共産党久慈地区委員会は、9日、青森県津軽地区委員会と合同で「ふれあいのんびりカフェと無料青空市」を行いました。

野田村・宇部武典議員が「復興は遅々としている。何よりも被災者住宅再建への支援が求められている、建築費が高騰している中、被災者生活再建支援金をせめて500万円に拡充(現行は国制度300万円)する必要がある。皆さんの復興署名への協力をお願いします」とあいさつしました。

被災者の方々約60人が訪れました。気に入った品々を手にとり、「今年で4度目の冬を仮設で過ごすことになる。こうやって支援に来てくれるだけでありがたい」など口々に感謝の思いを語ってくれました。

また、仮設集会所では「ふれあいのんびりカフェと歌声喫茶」を行い、ふだんあまり歌うことのないお年寄りの方々も伴奏にあわせて思い切り歌い、くつろいでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です