被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を
新 着
  • HOME »
  • 新 着 »
  • 地方議会

地方議会

【平泉町議会】 「共謀罪」の新設反対 意見書を可決

平泉町議会は14日に開いた臨時会で、「共謀罪」(テロ等準備罪)の新設に反対し、法制定の中止を求める意見書を日本共産党(2人)などの賛成多数で可決しました。無所属議員が反対しました。 同意見書は、「共謀罪」法案で対象となる …

【花巻市議会】 「共謀罪」撤回求める意見書可決

花巻市議会は23日、「共謀罪」法案の撤回を求める意見書を日本共産党(2人)などの賛成多数で可決しました。共産党の櫻井肇議員が提案し、13人が賛成。公明党や保守系無所属の11人が反対しました。 意見書は、捜査機関が市民団体 …

北上市議会、南スーダンから自衛隊撤退を、意見書可決

北上市議会は18日に開いた臨時会で、自衛隊の南スーダン派遣撤退を求める意見書を日本共産党(2人)などの賛成多数で可決しました。公明党(2人)、自民系無所属の議員らが反対しました。 意見書は、内戦状態が続く南スーダンでは自 …

【盛岡市】保育士の奨学金返済支援を検討

盛岡市は12月13日、保育士の奨学金返済支援制度について、来年度からの実施にむけて検討を進めていることを明らかにしました。12月議会で日本共産党(5人)の鈴木努市議の質問に答えたものです。 鈴木氏は、市内で働く保育士から …

南スーダン撤退 二戸市議会が意見書可決

二戸市議会は20日、自衛隊の南スーダンからの撤退を求める意見書を、日本共産党(2人)を含む賛成多数で可決しました。公明党や自民系無所属の議員などが反対しました。 意見書は、戦争反対・憲法守る二戸地区実行委員会(堀内泰治代 …

採決強行 モノ申す 「安心の年金制度に」住田町議会が意見書可決

衆院が「年金制度改革法案」を強行したのに対して、住田町議会は9日、「若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書」を、日本共産党の佐々木春一議員を含む全会一致で可決しました。 意見書は、同法案は「際限のない年金削 …

住田町議会 カジノ法案廃案求める意見書 全会一致で可決

住田町議会は7日、「カジノを合法化する総合型リゾート(IR)推進法案の廃案を求める意見書」を日本共産党の佐々木春一議員を含む全会一致で可決しました。 意見書はカジノ解禁について、「暴力団の関与、マネーロンダリング、周辺地 …

台風10号被害 大震災並み支援必要 千田県議求める

8日の岩手県議会本会議で、日本共産党の千田美津子議員が一般質問に立ちました。 千田氏は、台風10号で被害を受けた商工・観光業者などへの県の独自支援を評価すると語り、「国に大震災津波並みの支援を求めるべきだ」と強調。達増拓 …

【金ケ崎町議会】TPP批准反対 意見書可決

金ケ崎町議会は21日、TPP(環太平洋連携協定)承認案と関連法案の撤回・廃案を求める意見書を、日本共産党の阿部隆一議員を含む賛成多数で可決しました。公明党と無所属の議員が反対しました。 意見書は、アメリカ議会でのTPPの …

軽米町議会 安保法発動反対意見書を可決

軽米町議会は16日、安保関連法の具体化・南スーダンからの自衛隊撤退を求める意見書を、日本共産党の古舘機智男議員を含む全会一致で可決しました。 意見書は、11月中旬に南スーダンPKOに派遣される陸上自衛隊第9師団第5普通科 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.