被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を
新 着
  • HOME »
  • 新 着 »
  • 県民運動

県民運動

「採決強行の暴挙許さない」緊急胆江地区集会に100人

 15日、戦争法の強行採決を許さない緊急胆江地区集会が開催され、100人が参加しました。市職員、女性、教員、医療職員、弁護士など5人がリレートーク。 14日の日比谷野音での緊急集会(20,000人参加)に参加した日本共産 …

北上市で「安保法制に反対する北上市民集会」

 北上市では、15日、安保法制に反対する市民集会が緊急に開かれ、100人が参加しました。北上9条の会の呼びかけに答えて、北上労連、新婦人北上支部、北上革新懇、北上市職員労働組合などが賛同しました。 日本共産党の鈴木健二郎 …

一関、千厩 怒りのパレード

16日夕 一関地方では一関と千厩町で「戦争法廃案」のパレードが行われ、合計120名が参加しました。一関会場では高橋ちづ子衆院議員(共産党)と黄川田徹衆院議員(民主党)の連帯のメッセージが紹介されました。初参加も多く職場で …

大学人が安保関連法案「廃案を求めるアピール」

 岩手県の大学関係者、研究者、弁護士有志は15日、県庁で記者会見し、「専守防衛逸脱・憲法違反の安保関連法案の廃案を求めるアピール」に345人が賛同を寄せたと発表しました。退職教職員、大学教員、弁護士など58人が呼びかけ人 …

早乙女勝元氏迎え、釜石で「市民のつどい」

太平洋戦争で二度も艦砲射撃の被害を受けた釜石市で11日、作家で東京大空襲戦災資料センター館長の早乙女勝元さんを招いた「戦後70年、戦争と平和を考える市民の集い」が開かれ、釜石艦砲射撃を体験し、語り部をしている和田乙子さん …

戦争法案強行採決許さない! 一関で緊急パレード

7月9日、岩手県一関市で「第3回戦争法案ストップ緊急パレード」が行われ、70名余の市民が参加しました。 出発集会で、佐藤謹一郎代表が「岩手県議会も29対14のダブルスコアで法案廃棄を決議した。セブンイレブンの ネットプリ …

久慈市で戦争法案廃案求めパレード

 8日、久慈地域労連の呼びかけをうけて、久慈市で戦争法案廃案を求め、40人が駅前から商店街をパレードしました。「戦争法案反対」といった得ると、店から外に出てきてデモを見る人たちもいました。 男子小学生も「戦争はいやだ!」 …

戦争法案ストップ!緊急集会に1000人

 盛岡市の岩手公園広場では、「ストップ!戦争法案 7・5緊急集会」が開かれ、1000人が参加しました。県内の94団体が加わる実行委員会が主催し、岩手弁護士会が共催しました。 「民意を無視し、違憲の戦争法案を強引に可決成立 …

医療無料中学卒まで 達増知事「検討」 岩手の「会」要請

 子どもの医療費助成制度拡充を求める岩手の会は25日、達増拓也知事に対し、3万8,927人分の署名を添え、子どもの医療費助成の中学校卒業までの現物給付化と全額無料化を要求する要請をしました。日本共産党県議団が同席しました …

« 1 41 42 43 50 »
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.