被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を
新 着
  • HOME »
  • 新 着 »
  • 県議会

県議会

カジノ法廃止求める  岩手県議会で意見書可決

岩手県議会は20日の最終本会議で、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(カジノ法)の廃止を求める意見書を、日本共産党(3人)などの賛成多数で可決しました。自民党、創成いわてに加えて、いわて県民クラブの一部が反対し …

12月県議会一般質問 斉藤県議 孤独死防ぐ支援員を

 15日の岩手県議会本会議で日本共産党の斉藤信議員が一般質問に立ちました。 斉藤氏は、台風10号被災者の医療費や介護保険利用料の免除が宮古市、岩泉町とともに久慈市でも行われたかと質問。達増拓也知事は「医療費免除は3市町で …

いじめ原因で不登校 そのまま卒業 高校・県教委 責任大きい  県議会で斉藤県議が指摘

21日の岩手県議会決算特別委員会で、日本共産党の斉藤信議員は、いじめが原因で不登校になった県北沿岸部の県立高校生の問題を取り上げました。 2014年4月23日、高校2年生の生徒のロッカーの扉が外される事件が起き、生徒は翌 …

台風10号 被災者 医療費免除を  斉藤県議求める

 17日の岩手県議会決算特別委員会で日本共産党の斉藤信議員が質疑に立ち、「台風10号災害の被災者にも医療費や介護保険利用料などの免除措置を」と求めました。 斉藤議員は、達増拓也知事が津波被災者の医療費などの免除を来年12 …

政務活動費の情報公開を 党県議団

 日本共産党岩手県議団(3人)は16日、田村誠県議会議長にたいし、政務活動費の情報公開に関する申し入れを行いました。 岩手県議会は、全国に先駆けて、政務活動費について領収書の添付を義務づけるなど先進的な取り組みを進めてき …

岩手県議会、TPP批准反対の意見書を可決、県レベル初、安保関連法廃止も

岩手県議会は11日の本会議でTPP(環太平洋連携協定)の批准反対を求める意見書を日本共産党(3人)などの賛成多数で可決しました。自民、公明の両党、いわて県民クラブと創成いわての一部が反対しました。同趣旨の意見書可決は都道 …

台風10号被害 大震災並み支援必要 千田県議求める

8日の岩手県議会本会議で、日本共産党の千田美津子議員が一般質問に立ちました。 千田氏は、台風10号で被害を受けた商工・観光業者などへの県の独自支援を評価すると語り、「国に大震災津波並みの支援を求めるべきだ」と強調。達増拓 …

被災者の医療費免除継続 岩手県が来年末まで

岩手県の達増拓也知事は4日の県議会本会議での一般質問に答え、東日本大震災津波被災者の医療費等の免除措置(12月末まで)に関し、2017年12月末まで免除を継続すると表明しました。 達増知事は、17年1月以降の被災者の医療 …

【県議会】 被災者医療 免除継続を 斉藤議員が求める

岩手県議会東日本大震災津波復興特別委員会で4日、日本共産党の斉藤信議員が質疑に立ちました。 斉藤氏は、ピーク時の4割以上の被災者が仮設住宅での生活を余儀なくされていると指摘。県策定の第3期の復興実施計画(2017~18年 …

県議会 政治教育 干渉は重大 斉藤県議が批判

 2日の岩手県議会商工文教委員会で日本共産党の斉藤信議員は、主権者教育に関わる自民党の「学校教育における政治的中立性についての実態調査」の問題を取り上げました。 斉藤氏は、同調査は「教師の授業や言動が政治的中立性を逸脱し …

« 1 2 3 4 7 »
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.