被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を
新 着
  • HOME »
  • 新 着 »
  • 県議会

県議会

斉藤県議が一般質問 仮設・公営住宅 支援員の配置しっかり

東日本大震災津波から4年を前にした2月27日、岩手県議会本会議で日本共産党の斉藤信議員は一般質問にたち、被災者の命と健康を守り、生活再建を支援する復興の課題を取り上げました。 斉藤氏は、20年が経過した阪神・淡路大震災の …

仮設店舗から本設再開への支援を 高田県議

岩手県議会決算特別委員会の商工労働部の質疑で高田一郎県議が質問に立ち仮設店舗の本設再開への支援策などを求めました。仮設店舗の使用期間が延長されることになりましたが6年後には解体費用や地代は設置者負担となります。 高田県議 …

DIOジャパン㈱コールセンター問題で集中審議

10月20日、決算特別委員会でDIOジャパン㈱が県内に開設したコールセンターの閉鎖問題に対する集中審議が行われました。 斉藤信県議は、億単位にのぼるリース物品が翌年に無償または格安譲渡されていた問題について、二戸コールセ …

県立花泉高校の1学級減を見送り―教育委員会議

10月20日開かれた教育委員会議において、県立花泉高校(一関市)の1学級減について学級減を見送ることとしました。 県教委は8月5日の県議会・商工文教委員会で平成27年度の県立学校の編制について公表し、県立花泉高校を現在の …

斉藤県議 学童保育の量的・質的拡充について質す

10月17日、決算特別委員会の保健福祉部に対する質疑で、学童保育事業について取り上げました。 岩手県内の放課後児童クラブ数は306クラブで登録児童数は12010人、うち小学1~3年生が9104人(75.8%)、4~6年生 …

JR山田線・大船渡線―JR東日本は責任をもって鉄路復旧を

10月16日、決算特別委員会の政策地域部審査で質疑に立ち、JR山田線、大船渡線について、早期にJRの責任で鉄路復旧するよう迫りました。岩手県議会では2月定例会で「JR東日本の責任でJR山田線と大船渡線の早期復旧を求める」 …

« 1 5 6 7
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.