被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を
新 着
  • HOME »
  • 新 着 »
  • 県議団の活動

県議団の活動

高田一郎県議の県政報告が届きました

高田一郎県議の県政報告№52 (2018/4) 県立磐井病院 産婦人科医師・助産師増員へ/子どもの医療費無料化 現物給付 「新年度に方向性示したい」

仮設店舗 撤去費助成延長を 斉藤県議が要求

岩手県議会商工文教委員会で9日、日本共産党の斉藤信議員は、仮設店舗を撤去する費用の助成期限(2019年3月末まで)の延長を早期に示すように国へ働きかけるべきだと求めました。 岩手県では、被災3県で最多の750事業者が仮設 …

「働き方」法案 断念を 岩手県議会委が請願採択

岩手県議会商工文教委員会は9日、閉会中の委員会審査で、「働き方改革」一括法案の成立を断念し労働時間規制の抜本的強化を求める請願を、日本共産党の斉藤信議員を含む賛成多数で採択しました。自民党、いわて県民クラブ、創成いわてが …

千田美津子県議の県政報告が届きました

千田美津子の県政報告№8(1) 2018年3月 千田美津子の県政報告№8(2) 2018年3月 東日本大震災から7年、住まい・生業再建・心のケアなどに全力/平成30年度予算審査 危機管理型水位計(約300か所分)の設置が …

岩手県議選 県議候補第1次分3氏発表 復興と野党共闘すすめる力

 日本共産党岩手県委員会は19日、県庁で記者会見し、2019年実施の県議選(9月10日任期満了)の候補者3氏(第1次分)を発表しました。盛岡区(定数10)では斉藤信氏(67)、一関区(同5)では高田一郎氏(58)、奥州区 …

【県議会】全庁的な体制で子どもの貧困打開を 斉藤県議

 日本共産党の斉藤信県議は9日、県議会予算特別委員会で、子どもの貧困問題について取り上げました。 斉藤県議は「2015(平成27)年度の1歳6ヶ月児検診、3歳児検診で『要観察』の子どものうち、『育児・生活環境に問題があり …

【県議会】 大不漁「緊急対策を」 斉藤議員が求める

 14日の岩手県議会・予算特別委員会で日本共産党の斉藤信県議が質疑に立ち、被災地の基幹産業である水産業復興の課題について取り上げました。 斉藤県議は、平成29年度におけるサケ・サンマの水揚げ量が震災前のわずか27%、スル …

【県議会】 「生活保護は憲法にもとづく権利」 高田議員に達増知事が答弁

 日本共産党の高田一郎県議は6日、県議会予算特別委員会で総括質疑に立ち、生活保護行政について取り上げました。 高田県議は、安倍政権が8月から生活保護費の5%を削減しようとしている問題を指摘し、厚労省は47の事業に影響が出 …

県議会 斉藤県議が一般質問 仮設店舗撤去費助成延長を

 岩手県議会で2月27日、日本共産党の斉藤信議員が一般質問に立ち、東日本大震災からの復興などを取り上げました。 仮設店舗で再建した県内の商業者725店舗のうち、2017年末段階で本設へ移行できたのは277店舗にとどまりま …

復興へ支援金拡充は急務 小池書記局長 大槌町長・釜石市長と懇談

 東日本大震災7年を前に調査に入った日本共産党の小池晃書記局長・参院議員は21日、死者・行方不明者約1300人が出た大槌町の平野公三町長や釜石市の野田武則市長と懇談しました。 大槌町役場で平野町長は、深刻な人口減少の中、 …

« 1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.