被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を
新 着
  • HOME »
  • 新 着 »
  • 県議団の活動

県議団の活動

台風被害 千田県議と奥州市議団が岩泉町へ ”ボランティアが不足”と社協会長

 日本共産党の千田美津子県議と奥州市議団は6日、台風10号豪雨で甚大な被害を受けた岩泉町へ調査に入りました。党支部などから集めた義援金を林崎竟次郎町議に手渡した後、林崎町議の案内で町社会福祉協議会を訪問しました。 町社協 …

県議団 台風10号 商工観光業に支援を 第2次申し入れ

 台風10号の豪雨災害から3週間となった20日、日本共産党岩手県議団(斉藤信団長、3人)は達増拓也知事に対し、現地調査を踏まえた第2次の緊急対策を申し入れました。斉藤信、高田一郎、千田美津子の各県議が参加し、千葉茂樹副知 …

党県議団が第2次調査 震災に続き台風・・・被災業者「補助を」

 日本共産党の斉藤信、高田一郎の両岩手県議は19日、台風10号豪雨災害で甚大な被害が発生した宮古市と久慈市の商工会議所を訪れ、事業者の被災状況や要望を聞きました。 宮古市の中小企業関係の被害額は127億円に上っています。 …

台風10号豪雨災害 高橋衆院議員、岩渕参院議員、県議団が現地調査

日本共産党の高橋千鶴子衆院議員と岩渕友参院議員、県議団(斉藤信、高田一郎、千田美津子)は2日、台風10号による豪雨災害の現地調査を行いました。 甚大な被害を受けた岩泉町では、伊達勝身町長にお見舞いを述べ、被害の状況と対応 …

【県議会】 被災者医療 免除継続を 斉藤議員が求める

岩手県議会東日本大震災津波復興特別委員会で4日、日本共産党の斉藤信議員が質疑に立ちました。 斉藤氏は、ピーク時の4割以上の被災者が仮設住宅での生活を余儀なくされていると指摘。県策定の第3期の復興実施計画(2017~18年 …

県議会 政治教育 干渉は重大 斉藤県議が批判

 2日の岩手県議会商工文教委員会で日本共産党の斉藤信議員は、主権者教育に関わる自民党の「学校教育における政治的中立性についての実態調査」の問題を取り上げました。 斉藤氏は、同調査は「教師の授業や言動が政治的中立性を逸脱し …

【県議会】 いわて第2クリーンセンターの排ガス測定値不正操作問題について 千田県議が追及

2日、岩手県議会環境福祉委員会で、日本共産党の千田美津子議員は、「いわて第2クリーンセンターの排ガス測定値の不正操作」問題を取上げました。 この問題は、県や地元自治体(九戸村)が関わる産業廃棄物焼却施設である「いわて第2 …

斉藤信県議の「県政報告」が発行されました

斉藤信の県政報告147号2016年7月号

漁業復興の課題は 県議団調査に組合長”後継者対策は切実”

 日本共産党の斉藤信県議と有坂哲夫農林・漁民局次長は27日、宮古市を訪問し、漁業・水産業の復興の現状と課題について調査しました。党宮古市議団も同行しました。 重茂漁協で伊藤隆一組合長は、漁船の確保、養殖施設の整備、加工施 …

TPP県独自試算を  党岩手県委 知事に要請

 日本共産党岩手県委員会は15日、達増拓也知事に対し、TPP(環太平洋連携協定)の批准阻止に向けて、県独自の影響試算の実施と公表を申し入れました。斉藤信・高田一郎両県議が参加し、紺野由夫農林水産部長らが応対しました。 申 …

« 1 8 9 10 14 »
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.