吉田恭子 党県副委員長 (岩手1区)

1981年、紫波町生まれ。盛岡二高、和光大学経済学部卒。労働組合書記を経て、日本共産党岩手県委員会に勤務。2008年衆院選岩手1区、2014年衆院選岩手1区、2016年参院選岩手選挙区、2017年衆院選岩手1区に立候補。党県副委員長、党国会議員団岩手県事務所長。

ツイッター   https://twitter.com/kyoko_yosida

Facebook    https://www.facebook.com/kyoko.yosida.jcp.iwate

コロナ危機で明らかになったことは、弱い立場の人に冷たい社会です。自己責任ではなく、連帯で支えあいを応援し、公的責任を果たすことが政治の役割ではないでしょうか。

東日本大震災津波の年に子どもを出産。「子どもたちの未来に原発はいらない」「子ども医療費は無料に」と取り組みを行ってきました。

一人ひとりを大切にする政治を実現するために全力をあげます。

新いわて2021年8・9月号外 一人ひとりを大切にする政治に変えましょう