被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を

吉田 恭子 衆議院岩手1区予定候補

DSC_0704

野田村で戦争法廃止の署名を訴える吉田恭子さん(11月16日)

吉田恭子 衆院岩手1区 吉田恭子

ツイッター   https://twitter.com/kyoko_yosida

決意

私には5歳の娘がいます。原発事故の時、私は妊娠6カ月でした。放射能汚染は、とても不安でした。子どもの未来に原発はいりません。
「夫婦共働きだが、給料が安くて生活が本当にきつい」という友人の嘆きは、多くの若い世代の共通する実感ではないでしょうか。
私は、皆さんの声を、怒りを、願いを国政に届けます。力をあわせてその実現のために全力をつくします。

紹介

5歳の娘を育てる母親として、原発ゼロ・再稼働反対、子どもの医療費助成拡充、消費税10%増税中止などの運動を、県民のみなさんと一緒に全力で取り組んできました。

その切実な思いに応えるためにも、参議院選挙で日本共産党の議席を大きく伸ばさなければと、決意を新たにしました。

みずからが街頭で訴えるのはもちろん、ともにたたかう若い仲間を広げながら、安倍暴走政治にストップをかける結果を必ず出したい。

持てる力を振り絞ります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.