岩手医大教職組がスト 一律一時金カット撤回を 12年ぶりに470人で決行

 岩手医科大学教職員組合(組合員約1800人)は29日朝、冬の一律一時金(7万2000円)カットの撤回を求めて、12年ぶりにストライキを決行しました。

激しい雪のなか、大学付属病院前(岩手県矢巾町)に413人、内丸メディカルセンター前(盛岡市)に56人が集結。始業開始時の午前8時半から90分間の全面ストに入りました。

大学付属病院前のスト集会のあいさつで柴田勇樹委員長は、コロナ禍の職員の献身的な勤務で大学の医療収入が着実に増えているにもかかわらず、当局は財政困難を理由に一律一時金のカットを突然決めたと批判。一律一時金カットの撤回、納得のいく説明と経営改善策の提示を迫っていくと訴えました。

いわて労連の中野るみ子議長、岩手医労連の五十嵐久美子委員長らが応援に駆けつけ、「県内唯一の大学病院でのストが全県の労働者を励ましています」と強調しました。

集会後、参加者らは「ストライキ実施中」の横断幕とプラカードを持ち、周辺をデモ行進。患者や地域住民にアピールしました。

参加した29歳の女性看護師は「3歳の息子を育てている。物価高の下で、一時金カットの撤回は大事な問題です」と話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です